長野県内最古の曹洞宗寺院、大町市「霊松寺」の紅葉

北アルプスの麓の長野県大町市にある「霊松寺」。応永元年(1394年)に、仁科盛忠が能登常光寺から実峰良秀を招いて開山したお寺です。明治の初めに松川村観勝院から移築された二階建ての山門は県宝に指定されています。

境内には、イチョウの大木の他、サクラやカエデ、ツツジなどが植えられており、秋の時期には美しい紅葉が楽しめます。紅葉の見頃は例年10月下旬〜11月中旬頃。

写真は2019年11月4日に訪れた時のものです。

境内に生えているイチョウの木は「オハツキイチョウ」という銀杏が葉の上に結実する珍しい品種。樹高は約17mにもなり、市指定天然記念物になっています。

例年より暖かい日が続いていたので、オハツキイチョウの木は色づき始め。落葉も少なく感じました。夕方16:00頃に到着。眺望の良い場所にあるお寺なので、拝観後、帰る頃には丁度北アルプスに夕日が沈む様子を見る事ができました。

memo

霊松寺

長野県大町市山田町6665

霊松寺

続きを読む

池への映り込む紅葉が美しい!運が良ければ雲海も!?山ノ内町「志賀高原」

長野県の北部、山ノ内町にある「志賀高原」。標高1000mの高原で、上信越高原国立公園に指定されいます。
長野県から群馬県の草津方面へ向かう国道292号(志賀草津道路)では、標高2000mまで車で行くことができ、自然豊かな景色を手軽に楽しむことができます。
志賀高原の大部分は湿地帯で、道路沿いには沼や池が点在しています。秋の時期には池に映り込む見事な紅葉が楽しめます。また山頂付近にあるドライブインからは、運が良ければ雲海も楽しむ事ができます。

写真は2018年10月8日に訪れた時のものです。

memo

志賀高原

長野県下高井郡山ノ内町大字平穏7148

志賀高原観光協会 | ようこそ志賀高原へ

続きを読む

米どころ新潟で、稲わらとアートのコラボ!「わらアートまつり」

米どころとして有名な新潟県。そんな新潟県の新潟市西蒲区にある上堰潟公園では、お米を収穫した後の「稲わら」を利用したアート作品が楽しめます。

作品は東京の武蔵野美術大学の学生達と市民とが協働で制作したもの。その大きさも去ることながら、緻密さにも目を見張ります。

2019年は8月25日~10月31日の日程で展示がされています。広い公園内に点在する作品は、見学無料で終日見ることができます。

写真は2018年10月13日に訪れた時のものです。
公園入り口にあるコスモスも見頃でした😊

memo

わらアートまつり(上堰潟公園)

新潟県新潟市西蒲区松野尾1

わらアートまつり 新潟市西蒲区

続きを読む

幻想的な苔と原生林が広がる佐久穂町「白駒の池」

長野県佐久穂町にある「白駒の池」。標高2100m以上の高地にある天然湖としては日本最大を誇ります。湖の周囲は樹齢数百年の木々が根づく原生林で、秋の時期には見事な紅葉も楽しめます。

また原生林の根元は一面の苔に覆われており、別名「苔の森」とも呼ばれ、その美しい景色がJR東日本のCMのロケ地にも使われたことがあります。自生する苔の種類は485種類にものぼり、「日本の貴重なコケの森」にも選定されています。

写真は2018年10月7日に訪れた時のものです。

TVCMの影響もあり、2018年の紅葉シーズンに訪れた時には駐車場が大変な行列になっていました。12:00頃に着いて2時間待ちだと言われました😂土日に行かれる方は朝早くか、夕方を狙っていくのがいいと思います🙌

湖の周りは約1時間程度でぐるりと一周できるようになっています。池の周辺にはレストハウスもあり、テントを張ってキャンプしている方もたくさんいらっしゃいました。標高が高い場所にあるので、夜は星空がとてもキレイに見えそうです😳

memo

白駒の池

白駒の池・苔と原生林 | 長野県佐久穂町観光協会公式ホームページ 旅行・観光情報

続きを読む

日本最長のロープウェーで紅葉を楽しむ!湯沢町苗場スキー場「ドラゴンドラ」

 新潟県南魚沼郡湯沢町にある苗場スキー場にある「ドラゴンドラ」。麓のなえば高原から、山頂のたしろ高原を結ぶゴンドラは、片道約5.5kmと日本最長の長さを誇ります。

秋の時期には見事な紅葉が楽しめる名所で、2019年は10月5日〜11月10日の期間で運行しています。

写真は2017年10月13日に訪れた時のものです。

約25分間の道のりには、渓谷に下る箇所や、天候により水面の色が七色に変化する神秘的な二居湖(ふたいこ)など見所がたくさん!

高低差は約425mあり、山頂に近づくにつれ、紅葉の色づきが変わっていく様子も楽しめます。

memo

ドラゴンドラ(苗場スキー場)

ドラゴンドラ|苗場スキー場

続きを読む

秋空に広がる真っ赤な絨毯!約3万株のコキアが楽しめるひたちなか市「国営ひたち海浜公園」みはらしの丘

茨城県ひたちなか市にある「国営ひたち海浜公園」。春にはネモフィラが楽しめることでも有名な公園ですが、秋の時期には同じ丘で約3万株もの「コキア」が楽しめます。

コキアは、ヒユ科(旧アカザ科)ホウキギ属の一年草。原産地はアジアで、日本では「箒草(ほうきぐさ)」とも呼ばれ、昔はこの茎を乾燥させてほうきをつくっていたそう。夏には青々とした葉ですが、秋になると真っ赤に紅葉し、丘一面が赤く染まります。

見頃は例年9月下旬から10月上旬頃。

写真は2018年10月21日に訪れた時のものです。

ネモフィラほどではなかったですが、朝から駐車場は混雑していました。同じ時期にコキアの他にもコスモスやバラの花も楽しめました☺️

とても広い公園なので、テントを張ってゆったり過ごしていらっしゃる方がたくさん居ました☺️秋空の下のピクニック!とても気持ち良さそうです☺️

memo

国営ひたち海浜公園

茨城県ひたちなか市馬渡大沼605-4
●国営ひたち海浜公園 – 海と空と緑がともだち。ひたち海浜公園は、茨城県ひたちなか市にある国営公園です。

続きを読む

プライバシーポリシー  お問い合わせ  HOME
© 2019 hanami