境内の入り口に樹齢約300年のシダレザクラ!長野市「光林寺」の桜

f:id:mhko0:20190420092047j:image

長野県長野市にある「光林寺」は高台にある浄土宗の古刹。川中島の戦いの折には武田信玄が戦陣を張ったとされるお寺です。境内の入り口には樹齢約300年のシダレザクラが4本、ヨシノザクラが10本植えられています。

f:id:mhko0:20190420092044j:image
f:id:mhko0:20190420092040j:image
f:id:mhko0:20190420092034j:image

駐車場は階段の下の門の入り口付近と、細い坂道を登った境内の近くの2箇所あります。7:30の時点で上の駐車場はこんな感じでした。三脚と一眼カメラを持った方々が朝早くから訪れていらっしゃいました。

f:id:mhko0:20190420092059j:image山と桜。小高い場所にあるので眺望がとても良いです。撮影したのは朝だったので逆光になってしまいましたが、それもまたキレイでした。

f:id:mhko0:20190420092055j:image
f:id:mhko0:20190420092051j:image

写真は2019年4月20日に訪れた時のものです。

しだれ桜は少し散りはじめていました。2019年は開花してから雨の日が無かったので、長野市の桜は長持ちしている印象です。明日は長野マラソンがあるという事で、この週末長野市に訪れる方も多いのかなと思います。ぜひお花見も楽しんでみてはいかがでしょうか?

memo

光林寺

長野県長野市篠ノ井小松原2329
●見る・楽しむ/観光地検索 - 光林寺のしだれ桜 | 【公式】長野県観光サイト さわやか信州旅.net
●善光寺の門前町・長野市で楽しむ「史跡・古刹と桜」3選 | 長野県 | LINEトラベルjp 旅行ガイド

プライバシーポリシー  お問い合わせ  HOME
© 2019 hanami