根尾谷淡墨桜

2017年を振り返ると、狂ったようにお花見をしていた私。岐阜県本巣市にある「根尾谷淡墨桜」にも行っていました。

日本三大桜の一つで、樹齢は推定1500年あまり。蕾のときは薄いピンク、満開になると白色になります。散りぎわには淡い墨色を帯びてくるので、淡墨桜と呼ばれているんだそう。国の天然記念物にも指定されています。

写真は2017年4月14日のもの。
夕方に着いたので空が白いのがちょっと残念ですが、立派でとても迫力がありました。周囲は芝生で広々していました。訪れいているのは年配の方が多かったです。屋根つきのお花見スペースもあり、人は多かったのですが割とゆったりと見れました。
f:id:mhko0:20190424102423j:image夜桜も見てきました。
白く浮かび上がって幻想的でした。
f:id:mhko0:20190424102455j:image2019年の満開は4月6日で、散り始めは4月15日だったそうです。
2019年は4月に雪が降った日があり、枝が一本折れてしまったみたいですね。こうやって毎年花を咲かせてくれるのだって当たり前の事じゃない。貴重な事なんだってあらてめて思いました。

根尾谷淡墨桜
岐阜県本巣市根尾板所625-1