ARASHI Anniversary Tour 5×20 and more 2019.5/17札幌ドームMC

f:id:mhko0:20190521190711j:image

ARASHI Anniversary Tour 5×20 and more 2019.5/17札幌ドーム公演に行ってきました。

「untitled」以来の札幌。当日千歳に15:35で着く便で行ったのですが、まさかこんな時に飛行機が40 分遅延して開演5分前にドームに着くという😂始まる余韻を感じる間もなく始まってしまって、もう感情大忙しの3時間でした。無事参加出来て良かったですが、もし次回があるとしたら絶対前日か朝一で現地入りするようにしようと心に誓いました…

ドーム入り口は混んでおらず、本人確認は10秒くらい。18:00ぴったりに始まりました。休止発表後、初めて参加するコンサート、一体どんなモチベーションでいたらいいのかと思っていましたが、変わらない5人を見て、心の底から楽しめました!やっぱり何があっても5人が良い!大好きです!

5月の札幌は初めてでしたが、お天気もよく日中は暖かく過ごしやすかったです。また観光の事も、のちのちゆっくり書いて行こうと思います。

以下、自分用の覚書です。
メモしてないのでほぼニュアンス、時系列もバラバラです👏曲名などのネタバレを含みますので、これから参加される方はお気をつけください!

*****

 

 

MC 覚書

●この時期の札幌は久しぶり。暖かいと思って大野さんはサンダルできた。

●松本さんだけ前乗り札幌。昨日は外は出てなくてNHKのスタジオで取材をうけてた。

●お知らせ何かありますか?って櫻井さんに問われた相葉さん。札幌に来てびっくりした事。財布開けたら所持金が800円しか無かった。最近財布開けてなかったらしい😂

相葉さん「でもでも、最近はあれじゃん?キャッシュレスの時代でしょう?」
二宮さん「相葉さんもついにデジタルボーイになったんですね」
相葉さん「そうそう、スマホでにゃりーんって出来るから」
二宮さん「え?あれ、チャリーンじゃないの?」
相葉さん「よく聞いてみて、にゃりーんっていってるから」
櫻井さんも相葉さんに同調してにゃりーんって言っていました。

●相葉さんは携帯にSuica、櫻井さんはカードで持っている。

相葉さん「カード羨ましいな!」
櫻井さん「知ってた?あれ最近コンビニでレジじゃなくてATMみたいなやつでもチャージできるようになったんだよね」
相葉さん「ニノちゃんも持ってるの?」
二宮さん「持ってるよ、あと俺はJCBで!」
櫻井さん「MCが半分くらい、にゃりーんの話になっちゃった」

●前半を終えて櫻井さん自首したい事。

櫻井さん「復活LOVEで、2番の始まりでさ」

イントロを「すたららら…」っと口ずさんで再現。カメラさん寄りで撮ってる。

櫻井さん「すいません。もう少し引きで撮ってもらっていいですか?これだと、ただの陽気な人になっちゃうから」

引きで撮り直してもらって再現。決めポーズをミスって足をクロスしてヒゲダンスみたいな手の状態で動けなくなってしまったと。大野さんもそれに気がついたらしい。どうしたんだろうと思ったと。

二宮さん「自首なら相葉さんにもしてもらいましょう」
相葉さん「え?俺、何かしたかな?」

しらばっくれようとしたけど、結局やんや、やんや言われて自首する相葉さん。ラッキーマンからの愛を叫べで、カズダンスみたいな事をしすぎて位置に戻るのが遅れちゃって、最後の手をあげる決めポーズ間に合わなくなりそうだったと。

二宮さん「カメラに抜かれてるのに気がついたのか、何のアピールなのか、あぶねって言ってましたけど、間に合ってませんでしたからね」
櫻井さんも気が付いていたらしく、二宮さんと二人で、間に合ってない…と笑ってしまったらしい。もうカズダンスしませんと相葉さん。

●二宮さん乱れ髪激しい。

二宮さん「もう俺、髪セットする意味ないと思う」
櫻井さん「それで言ったら大野さんは凄いよね」
大野さん「俺は、雨降っても崩れない。凄いスプレーしてるから」
相葉さん「時々すごいもんね。スプレーしすぎでスモークみたいになってる時あるもん」
二宮さん「髪ってさ、何万本って集まってできてるけど、大野さんのはしっかりしたのが一本で出来てるんじゃないの?」

●嵐のお知らせ。櫻井さんから振られてキョトンな相葉さん。会場軽くザワザワ。

相葉さん「ちょっと、皆。俺、忘れてる訳じゃないよ!お知らせいっぱいあるから、どの事かなって考えてただけ!」
相葉さん「今回デジタルチケットになって、手元に半券か残らなくなっちゃって、その代わりがあっらたらいいなみたいな話があったりなかったり…」
二宮さん「なかったりじゃなくて、あります」
相葉さん「あ、そうだね。そういう話があって、それで今日限定の写真が皆に届くようになりました。ジャニーズのファンクラブから月曜日にダウンロードできるようになりました」
二宮さん「ざっくりしすぎ!ファンクラブからはダウンロードできないよ。ファンクラブからメールが来て、それにアクセスするとダウンロードできます」

●大野さんもお知らせ振られて、相葉さんの真似っこか、しばらくカメラ見て黙ってました😂

大野さん「皆さん何か気がつきませんか?」

くるくる回って見せても、会場からの反応は薄い。何だろうと思ったら、実は髪の毛を少しだけ切りました!との報告。

大野さん「皆気がつかないなんてまだまだだね!あばよ!」

颯爽と去って行きました😂

●嵐を旅する展示会、東京、大阪と福岡でも決まりましたと。北海道でもぜひやりたいとのこと!

松本さん「会場持ってる方いらっしゃったらよろしくお願いします!」

●札幌でコンサートをやると必ずテレビで中継してくれて、それを見ていたと櫻井さん。ファンの方がインタビュー受けてるのを見た。

櫻井さん「知ってる?中継されてたの」
大野さん「この中にいるのかな?私だよーって人」
二宮さん「いやいや、はーいってならないよ。さすがにこれじゃ分からないでしょ」


最後の挨拶 覚書

櫻井さん

5×20いかがだったでしょうか?この5×っていうのは語呂がよかったのかな?5×5から始まって。ちょうど僕はその時期、大学を卒業して学生が終わった年で。5×10では国立でもやらせてもらって。その時はすごい高い所からの登場でした。歌い出しが「sosoいい事なんてない」。よく出来てるよねと。それから5×15になり、5×20になり、確かに右側の数字が大きくなる事もすごいんだけど。左側の5が変わらないのもすごい事だなぁと。この5は大野、櫻井、相葉、二宮、松本で。それだけはごめんだけど譲れない。でも、その5を皆が支えてくれたから、ここまで来れました。これからもこの5人でまだ見ぬ世界へ共に行きましょう…まだ見ぬ世界へといえば2011年発売のアルバムBeautiful Worldに収録されていますので、ぜひ聞いてみてください。

大野さん

他の4人が愛おしいです。この5人じゃなかったら20年やってこれてないと思います。今年39歳になって、自分が昔想像していた40代は腹も出て…でも今その歳になって、そうでも無かったなと。まだまだいけるなと。よく老けないって言われるけど、昔の映像とかみたら、やっぱり老けたなとは思う。でも、いい老け方をしていると思う。それは、もちろん俺も努力してるけど、皆んなが居てくれたからなんじゃないかなぁって思う。だから休止後も皆んなが作ってくれたこのビジュアルをキープして行こうと思います。

相葉さん

札幌はいつもツアーの初日が多いから、やっぱり緊張してからがちがちだと。でも今回やっと北海道の皆様にいい状態の相葉雅紀を見せられました。最近流行りの熟成肉です。熟成相葉をお届けできてうれしいです。コンサート、松潤にパトロールされてると思ったら、実は皆にパトロールされています。松潤だけじゃなく翔ちゃんにもニノちゃんにも、大野さんにもパトロールされてます。特にニノちゃんに見られてて。MCで一番にミスを指摘されちゃって。きっと俺のこと好きなんだろうって。
20年色々ありました。どうしたらいいんだろう?何かしなきゃと焦りを覚えた事もあります。でも、大きい事なんてそんなに出来るもんじゃないんです。だから、小さい事も大きな愛を持って。マザーテレサの言葉です。たがら頑張りましょう。親子席の子供達、頑張ったら夢は叶うよ!夢以上の場所に行けるからね!
世界中に嵐を巻き起こしますってデビューしたけど、まだ嵐を巻き起こせていないから。充電して、休止後戻ってきた時は世界中に嵐を巻き起こしたいです。

二宮さん

熟成相葉ですって。日常生活で言ってみてごらん。正気の沙汰じゃないってなっちゃうから。
髪の毛がボサボサ。こんなに踊らせないで、ゆっくり歌いたいよと。髪もこんなんになっちゃうし、スプレーが目に入っちゃってもう目が上手くあかないです。誰かカリスマ美容師を紹介してください。
言いたいことは他の人と同じです。特段粒だって言うことはないです。世の中幾らでも世界に発信するツールはあるんだけど、でも、僕らはやっぱりこの場所が好きで。この場所じゃないとうまく呼吸が出来なくなっちゃってます。たがら、活躍する先輩方がいる中で、僕らはこういう決断をしたんだけれども、2020年の末まで、こういう機会をどうにかたくさん作っていけたらと考えています。

松本さん

令和一発目のライブです。
皆さんとまだまだ見たい景色があります。見せたい景色があります。だからこれからも僕らについてきて欲しいと。今までありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いします。

プライバシーポリシー  お問い合わせ  HOME
© 2019 hanami