下仁田あじさい園

関東甲信越も梅雨入りして、長野もしとしとと雨の日が多くなってきました。バラの見頃も終わりに近づき、今度はあじさいが見頃の季節になってきました!
群馬県下仁田町にある「下仁田あじさい園」でも、2019年6月8日(土)~7月7日(日)の期間「下仁田あじさい園祭り」が開催されているようです。
下仁田あじさい園は関東有数のあじさいの名所。約3ヘクタールの敷地に約2万株のあじさいと約1200本のサルスベリが植栽されています。上信越道 下仁田インターチェンジを降りてすぐとアクセス抜群の場所にあるので、関東や長野からのお出かけにおすすめの場所です。

写真は2018年6月16日に訪れた時のもの。
広々とした園内には、
色とりどりのあじさいが
ところ狭しと植えられていました。
f:id:mhko0:20190611105440j:image
f:id:mhko0:20190611105454j:image
ブルーベリーなどに与える肥料(酸性)だと青色になり、
石灰などを含んだ肥料(アルカリ性)だとピンク色になるそう。
同じ品種でも土によって
色が変わるのもあじさいの魅力ですね!

あじさいの花びらのように色がついている部分、実は「装飾花」という実を結ばない花のガクなんだそう。その装飾花の中心にある小さな点のような部分が学術的に言うと実際のあいじさいの花。
そう思うと、花の小ささよ、、笑
f:id:mhko0:20190611105451j:image
f:id:mhko0:20190611105444j:image
園内には青色、紫色の他に、
白色のあじさいがたくさん植わっていました。
こちらも斜面に沿ってたくさん!
緑と相まってとてもキレイでした!
f:id:mhko0:20190611105436j:image
f:id:mhko0:20190611105447j:image
園内は遊歩道が整備され、ぐるっと回る約900mのコースとショートカットでサクサク回る600mの2種類のコースがあります。立て看板があるので、それを見て選ぶのがいいと思います。
遊歩道は木のチップが敷き詰められており柔らかいです。なのでヒールの靴だとめり込んで歩きにくいかもしれません。高低差もある園内なのでスニーカーなど歩きやすい靴で行くのがおすすめです
下仁田あじさい園

群馬県甘楽郡下仁田町馬山3766−11
下仁田町ホームページ : 下仁田あじさい園祭り