2019.07/04放送 VS嵐 ドラマ「監察医朝顔」チーム

f:id:mhko0:20190708202121j:plain

対戦相手

ドラマ「監察医朝顔」チーム

上野樹里さん
時任三郎さん
風間俊介さん
志田未来さん
中尾明慶さん
森本慎太郎さん(SixTONES/ジャニーズJr.)

プラスワンゲスト

霜降り明星さん

オープニングトーク

「夏がきたなと感じる瞬間」

相葉さん→膝の裏に汗をかきはじめたら
松本さん→Tシャツ1枚で出歩くようになったら
櫻井さん→頭のサイドを刈り上げたら
大野さん→セミの鳴き声を聞いたら
二宮さん→蚊に刺されたら

櫻井さん「さぁ7月に入りました。夏が始まったなぁと感じる瞬間、どんな時?」
相葉さん「一般的に言ったらサンダルはじめたり、短パンはじめたり…」
二宮さん「それ一般的なんですか?」
櫻井さん「冷やし中華みたいに言うけど」
相葉さん「冷やし中華もそうだけど。個人的にはココ(ヒザの裏)に汗かきだしたら」
櫻井さん「ヒザ裏」
相葉さん「分かる?で、なんかすっげぇきもちわりぃなみたいな」
櫻井さん「分かる、分かる」
松本さん「Tシャツ1枚で歩きはじめたときかな?一応持ってるんだけど。俺らの場合って割と冷房効いたとこにいることが多いじゃないですか?インドアだから」
櫻井さん「ま、そりゃそうだよね、二宮さん、口癖が、」
二宮さん「ちょっとこの部屋寒くない?ですもんね」
櫻井さん「それを超えた瞬間ってことだよね」
松本さん「寒いのよ。俺の夏、寒い!」
相葉さん「あっちいよ、あっちぃ」
櫻井さん「俺はココ(頭のサイド)を刈り上げはじめたときだよね」
二宮さん「もう気分的なもんなんでしょ?多分」
大野さん「スッキリしたい」
櫻井さん「うん、そう。一昨日くらい、刈った自分の髪型見て『あ、夏だ』って思ったね」
大野さん「単純にセミだね。俺ね、あのちっちゃいのが好きで。羽が透明なの」
松本さん「アブラ?」
櫻井さん「ミンミンゼミ?」
大野さん「え?なんだろう?もう、分かんない!子供ん時の」
二宮さん「取ってたの?」
大野さん「取りたかったやつ。当時(友達と)『俺、虫好き!』『俺も!』って言ってた」
松本さん「なんだそれ!」
二宮さん「今のことでいいですか?コレです(ふくらはぎ指さして)」
櫻井さん「あ、虫刺され?」
相葉さん「あ!ムヒ!どうしよ、あー!ムヒ!置いてきた楽屋に!」
松本さん「ハヒョーだけ」
相葉さん「じゃ、ごめんね。ハヒョーだけ、言ってもらっていい?塗ってあげるから」
二宮さん「ハヒョー!いや、言ってないの!」

ゲーム

ピンボールランナー

●ゲストチーム

・ランナー
 上野樹里さん

・司令台
 時任三郎さん
 風間俊介さん
 志田未来さん

●嵐チーム

・ランナー
 霜降り明星 せいやさん

・司令台
 霜降り明星 粗品さん
 大野さん
 二宮さん

クリフクライム

●ゲストチーム

・クライマー
 風間俊介さん
 中尾明慶さん
 森本慎太郎さん

●嵐チーム

・クライマー
 大野さん
 相葉さん
 松本さん

特別企画「観察嵐」

ボンバーストライカー

嵐チーム 870pts
ゲストチーム 1465pts
ゲストチームの勝利でした👏

 

二宮さんあるあるの話

松本さん「まぁみんなそんな見たことないでしょうけど、1つ言えるのは、常にゲームやってます。まずね。それが大前提」
相葉さん「移動中に動画を見ていることが多いんだけど、イヤホンしてね。結構でかい声で笑ってるよね」
せいやさん「意外ですね」
相葉さん「意外でしょ?」
松本さん「何見て笑ってるの?」
二宮さん「ゲームの動画見て」
相葉さん「ゲームの動画!?お笑いとかじゃないんだ」
櫻井さん
「たまにさ、俺らがコンサート前でスタンバイしてる時、ニノスタンバイ早いからさもう終わってる時さ、ちょっと喋ってる時ない?」
二宮さん「うん、あるある」
櫻井さん「『あー…なんとかなんとかで、あー…そうかそうか、いやぁ、でもこれこーだよなこーだよな』。あれはさ、誰かと通信してやってるの?それとももう、あの独り言なの?」
二宮さん「正確に言うと、通信する時用の練習を一人でやってる」
松本さん「怖!」
せいやさん「いらない、いらない。練習いらないっすよ!」
櫻井さん「じゃ通信してないのね?」
二宮さん「うん、通信してない。4人で1チームとか組んだ時に、その知ってる4人と組む時用に、組んでない時も一人で『右高台に1111いるよ、裏から来てる、裏からきてるよ』っていうのを誰にも伝わってないけど1人で言ってる」
大野さん「その後たまに1人でこう、エアードラムやんない?」
せいやさん「めちゃくちゃやばい」
粗品さん「イメージないわ」
二宮さん「やるやる。めっちゃ勝った時とめっちゃ負けた時にやってる」
粗品さん「なんで?」
二宮さん「家だったらさ、『あー!』とか『だぁー!』とかできるじゃん。でも、みんなの楽屋だから出来ないじゃん。そこでじゃあどうする?イライラしてんだから。もうドラム叩く」
せいやさん「なんで?もっとありますやん」
二宮さん「それくらいだよ。もうやめよ。危ない」

 

プライバシーポリシー  お問い合わせ  HOME
© 2019 hanami