東京ドームおよそ4個分!上越市「高田公園 外堀の蓮の花」

新潟県上越市にある「高田公園」。桜の名所としても有名な公園ですが、夏の時期には、約19ha、東京ドームおよそ4個分という広大な城跡の外堀で、見事な蓮の花が楽しめます。

1871年(明治4年)、戊辰戦争や後の廃藩置県などにより財政的に困窮していた当時の高田藩。戸野目村(現在の上越市大字戸野目)の大地主・保阪貞吉が、旧藩のための資金にしようと、お堀にレンコンを植えたことがその始まりといわれています。

見頃は例年7月下旬〜8月下旬まで。
見頃の時期には「上越蓮まつり」が開催されます。2019年の会期は7月20日~8月25日です。会期中は「上越蓮まつり俳句大会」や「はすまつり茶会」など、様々なイベントが開催されます。

写真は2018年7月26日に訪れた時のものです。

お堀に植わっている蓮は和蓮です。紅蓮がほとんどですが、部分的に白蓮も交じっています。その他お堀の周りには、和蓮の他、世界各種の色々な品種の蓮の花が展示されています。色とりどりでこちらもキレイでした。

memo

高田公園

高田公園新潟県上越市本城町44-1
●第40回上越蓮まつり 2019

過去記事

●2019年8月17日

 

 

 

 

プライバシーポリシー  お問い合わせ  HOME
© 2019 hanami