岩肌に現れる巨大な氷のカーテン 木曽町「白川氷柱群」

長野県の中央部、御嶽山の麓に位置する木曽町。日本で最も美しい村連合の一つにも選ばれている町です。

そんな木曽町で、真冬にのみ姿を見せるのが「白川氷柱群」。岩肌から染み出る御嶽の清水が厳しい寒さで凍り、壁面に大きな美しい氷のつらら群が現れます。

例年1月中旬~2月中旬頃の見頃の時期には幅約250m、高さは50mの大きさになります。夜にはライトアップされ、暗闇に白く浮き上がる神秘的な姿を見ることができます。

画像は2019年2月18日に訪れた時のものです。

見頃の時期も終わりにさしかかっていたので、岩肌が見えている箇所もありましたが、それでもその大きさに驚きました。今度はぜひ雪が降った直後、真っ白な世界の中で見てみてみたです。

memo

白川氷柱群

長野県木曽郡木曽町三岳(小坂温泉けやきの湯付近)

 

プライバシーポリシー  お問い合わせ  HOME
© 2019 hanami