2020.01/30放送 VS嵐 令和ブレイカーズ

f:id:mhko0:20200214140642j:plain

令和ブレイカーズ

  •  DAIGOさん
  •  川島明さん(麒麟)
  •  ファーストサマーウイカさん
  •  霜降り明星さん
  •  薄幸さん(納言)
  •  Mattさん

プラスワンゲスト

  •  小澤征悦さん
  •  本上まなみさん

オープニングトーク

テストの思い出

櫻井さん「受験シーズンということで、テストの思い出はありますか?」

二宮さん「テスト?」

櫻井さん「学校のテストじゃなくても、オーディションだとか、それこそ免許だとか。最近受けたのはこの人(大野さん)じゃない?船舶の?」

大野さん「二級受けて受かって、1級受かりましたよ」

相葉さん「すごい」

大野さん「やればできるんだなと。俺だって、数学のテスト2点取ったことある。それ親に見せたら額買ってきてくれて、家に飾ったからね。これはすごいと」

櫻井さん「素敵だね。そこで怒るんじゃないのが素敵だね。二宮さんは?オーディションとかお芝居で何か」

二宮さん「そうだね。オーディションはいっぱい受けたね。すげぇ謎だったのは、違う事務所の人達と受けている時に『二宮です。ジャニーズ事務所から来ました。お願いします』って言って『おいおい』って言われて、『はい?』って言ったら『君条件分かってる?』って言われて、『いや、すいません(分かってません)』って言ったら『140センチ以下だから』って言われて。」

櫻井さん「明らかにでかいんだ」

二宮さん「そう。みんな(肩ぐらい)こんなんよ。(作品名は)学校の階段です。」

櫻井さん「俺はね、よいこは真似しちゃダメだよエピソードなんだけど。学校の勉強って嫌いじゃなかったから、試験範囲を1からとにかく全部やりつくすってスタイるだったの。大学入りました。そしたら嵐もあったし時間もないし。とにかく広大な範囲です。どうしよう?ってなって、僕の中で出るであろうっていうのが、Aパターン・Bパターン・Cパターン3つあって。時間がない、Bで掛けよう!ってなってBだけブワァーって勉強したの。(テストの)紙来ました、はい死んだ(空見上げる)」

二宮さん「Aきた、Aがきた」

櫻井さん「さぁどうするか?これ、90分間これは暇だぞー」

大野さん「そんなんなっちゃうんだ」

櫻井さん「さぁどうしようって思った私は、問いのところに斜線引いて、自分が勉強したところの問いを勝手に作って、自分が勉強したところをブワァー書いていったの」

松本さん「それ点数もらえるの?」

櫻井さん「0点です。」

松本さん「そりゃそうだよね」

櫻井さん「そりゃそうです。」

松本さん「大野家だったら額入りよ」

大野さん「それはもう額モノ」

櫻井さん「真似しないでくださいね」

ゲーム

ボンバーストライカー

特別企画「ダレ嵐」

バルーンシューティング

キッキングスナイパー

対戦結果

  • 嵐チーム/1120 pts
  • ゲストチーム/990 pts

嵐チームの勝利

 

 

プライバシーポリシー  お問い合わせ  HOME
© 2019 hanami